全国の学校に存在するPTAが年々問題化しているようです。
一応任意加入ということにはなっていますが,子供が入学すると自動的に加入して会費も払うという流れが特に地方では現状です。
昔はお母さんが専業主婦の場合が多かったでしょうが,現代は社会情勢もあり両親が働いている家庭も増え,平日の学校行事や奉仕活動への参加も仕事を調整しないと出来ないという状況が増えてきたようです。
学級委員や執行部役員・部長などの成り手がなく,やむを得ずくじ引きや集りの欠席者の中から選び後で揉めるなど,すんなりといかないケースも多いようです。
任意だからPTAに加入しないとか,脱会するなどの流れもあるような記事も目にします。
ただ自分達の子供も知らないところで何かしら学校や他の保護者の世話になっているものです。
まったく何も奉仕しないで過ごすというのもどうかなと思います。
反対に執行部の役員の中にもPTAを自分の居場所にしたり,保護者が参加する行事を増やして保護者の負担を増やしたり,やたらと役員懇親会の回数が多い学校など首をかしげたくなる組織もあります。
また全国組織のため県や市町村にも連合会があり,学校独自の運営が自由にはならない点もあるのかもしれません。
ただ前向きに対策を考え,ポイント制を導入して自分たちが可能な曜日・時間帯に全保護者が少しでも参加してもらうようにした学校もあるようです。
半ば強制的に参加させたい執行部側と,任意だから加入しないという一部保護者側が主張し合えば対立の構図になるだけです。
双方がモンスター化しないように,執行部の役員さんは保護者に強引に押し付けず参加しやすい組織を作り行事,奉仕作業の選択肢を増やす,また保護者も自分が出られる行事には参加するなど,何とか折り合える新しいPTAの仕組みを作って欲しいと願います。すっぽん小町 販売店